February 23, 2017

February 19, 2017

February 14, 2017

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

〜ストレスとお肌は〜

 

 

 

+目の周りの皮膚は、約0.5mmで体の中で最も薄くデリケートで、ストレスのサインが最初に現れやすい部分です。

  生きている以上沢山のストレスから逃れることはできません・・・1日に何度もストレスに襲われます。そのストレスから体を守るためのメッセージが→脳→血液→副腎へ伝達され、※コルチゾール、※アドレナリン、※αメラノサイト刺激ホルモンが体内に放出され身体、神経物質の※P物質も働きストレスに対し反応を始めます。

 コルチゾールはお肌に物理的変化をおこし、神経を過敏にさせ化学物質、異物に強く反応します。

 慢性的なストレスでコルチゾールがいつも放出されているとお肌は常にダメージを受けやすい状態になってしまいます。

 コルチゾールによる慢性的ダメージは、お肌の表面のバリア機能を破壊させ水分、油分の損失(カサつく、つっぱる)が起こります。

 αメラノサイト刺激ホルモンは、お肌の炎症を鎮静するため抗炎症作用としてストレス時に放出サれますが、副作用として色素を作り出してしまいます。ストレスの多い方はコメカミ周辺にシミが出てきてしまいます。肌の色の不均一な状態になりますね。

 

 そして、お肌が過敏になり刺激を受け炎症した時“インフラメージング老化=炎症老化”が起き​ます。炎症するとタンパク質が作られなくなります(タンパク質→コラーゲンやエラスチン)。

 タンパク質はお肌を作るか、お肌を修復するかどちらかしか機能しなく、ストレスで敏感になり炎症が起きた時には、お肌の健康を取り戻すために修復作用に片寄って頑張ってしまいます。

なので、炎症を抱えたお肌は、お肌を作ることができずに老化してしまいます。

 ストレスでニキビが出てしまうのは、ストレス→コルチゾールにより神経物質のp物質が出てしまい皮脂を増加させてしまうことと、コルチゾールによって水分が奪われターンオーバーがスムーズに行われなくなり古い角質がお肌に留まり、同時に毛穴の中の古い角質も溜まり毛穴が詰まりニキビに繋がります。

 ストレスを受けると代謝が落ちる(上手にエネルギーを使えない)、呼吸が浅くなる(酸素を隅々に供給できない)、ニキビなど治す治癒力が弱くなる(ニキビ後やシミになりやすい)などなど・・・。

 ここで、どうやってストレスとお付き合いをしましょうか〜と言うことになってきましたね。

ストレスを上手に変換できるのも自分自身のコントロールで変わってしまうのです。ストレスには2種類あります。

ユーストレス VS ディストレス

ユーストレスは前向き、ポジティブ

→ ・ストレスをやる気、活力として取り組む。

  ・興奮を感じパフォーマンスを向上させる。

ディストレスは悲しい、ネガティブ

→ ・心配や悩みの原因

  ・不愉快に感じ、パフォーマンスを下げる

  ・疲労を導き、健康を低下

食事や栄養素でストレスと戦うには

 塩分を避ける、アルコールを避ける、カフェインを避ける、砂糖を避ける・・など。

そして、アンチストレスビタミンとも呼ばれている緑黄色野菜“ビタミンBコンプレックス”をしっかり摂取しましょう。(カフェインはビタミンを奪うので要注意です。

​ リラックスもとても大切です。好きなアロマを嗅ぐと慢性的なストレスの軽減にもなります。

​ストレスを味方に変え、体も心もお肌もイキイキと参りましょう!!

 

+目の周りの皮膚は、約0.5mmで体の中で最も薄くデリケートで、ストレスのサインが最初に現れやすい部分です。

  生きている以上沢山のストレスから逃れることはできません・・・1日に何度もストレスに襲われます。そのストレスから体を守るためのメッセージが→脳→血液→副腎へ伝達され、※コルチゾール、※アドレナリン、※αメラノサイト刺激ホルモンが体内に放出され身体、神経物質の※P物質も働きストレスに対し反応を始めます。

 コルチゾールはお肌に物理的変化をおこし、神経を過敏にさせ化学物質、異物に強く反応します。

 慢性的なストレスでコルチゾールがいつも放出されているとお肌は常にダメージを受けやすい状態になってしまいます。

 コルチゾールによる慢性的ダメージは、お肌の表面のバリア機能を破壊させ水分、油分の損失(カサつく、つっぱる)が起こります。

 αメラノサイト刺激ホルモンは、お肌の炎症を鎮静するため抗炎症作用としてストレス時に放出サれますが、副作用として色素を作り出してしまいます。ストレスの多い方はコメカミ周辺にシミが出てきてしまいます。肌の色の不均一な状態になりますね。

 

 そして、お肌が過敏になり刺激を受け炎症した時“インフラメージング老化=炎症老化”が起き​ます。炎症するとタンパク質が作られなくなります(タンパク質→コラーゲンやエラスチン)。

 タンパク質はお肌を作るか、お肌を修復するかどちらかしか機能しなく、ストレスで敏感になり炎症が起きた時には、お肌の健康を取り戻すために修復作用に片寄って頑張ってしまいます。

なので、炎症を抱えたお肌は、お肌を作ることができずに老化してしまいます。

 ストレスでニキビが出てしまうのは、ストレス→コルチゾールにより神経物質のp物質が出てしまい皮脂を増加させてしまうことと、コルチゾールによって水分が奪われターンオーバーがスムーズに行われなくなり古い角質がお肌に留まり、同時に毛穴の中の古い角質も溜まり毛穴が詰まりニキビに繋がります。

 ストレスを受けると代謝が落ちる(上手にエネルギーを使えない)、呼吸が浅くなる(酸素を隅々に供給できない)、ニキビなど治す治癒力が弱くなる(ニキビ後やシミになりやすい)などなど・・・。

 ここで、どうやってストレスとお付き合いをしましょうか〜と言うことになってきましたね。

ストレスを上手に変換できるのも自分自身のコントロールで変わってしまうのです。ストレスには2種類あります。

ユーストレス VS ディストレス

ユーストレスは前向き、ポジティブ

→ ・ストレスをやる気、活力として取り組む。

  ・興奮を感じパフォーマンスを向上させる。

ディストレスは悲しい、ネガティブ

→ ・心配や悩みの原因

  ・不愉快に感じ、パフォーマンスを下げる

  ・疲労を導き、健康を低下

食事や栄養素でストレスと戦うには

 塩分を避ける、アルコールを避ける、カフェインを避ける、砂糖を避ける・・など。

そして、アンチストレスビタミンとも呼ばれている緑黄色野菜“ビタミンBコンプレックス”をしっかり摂取しましょう。(カフェインはビタミンを奪うので要注意です。

​ リラックスもとても大切です。好きなアロマを嗅ぐと慢性的なストレスの軽減にもなります。

​ストレスを味方に変え、体も心もお肌もイキイキと参りましょう!!

​                                        +

    

​​

​                                     

 

    

​​

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square